即日に全額振り込まないのは優良店ではない

ある知人から以前に聞いた話ですが、20万円の換金をしようとしたところ還元率が70%で14万円になると業者に電話したら言われたそうです。 当日に振り込むのは一部の10万円で、残りの4万円は商品が届いてからなので3日後になると説明されたようです。 優良店ではなくても、クレジットカードを即日現金化できるショップならば、普通は全額をお客様の口座に即座に入金するはずです。 このような話はショップに電話して、自分の個人情報を見せる前に確認する必要があります。 身分証明書や即日で現金が欲しいことなどを説明を受ける前に先に言ってしまうと、このように足元を見られるパーセンテージや可能性もありますので注意してください。

ネットと店舗型はどっちが良いか?

新幹線が止まるくらいの有名なJRの駅前でおじさんが「カードでお金」というプラカードを持って立っている広告が即日現金化の店舗型になります。 ネットとの違いは還元率が高いか低いかが一番気になるところです。 来店する店舗型で即日にカード現金化するメリットは、身分証明の確認がメールやFAXを送る必要がないので時間が短縮できるのが優良店の要因になります。 もし駅前で近くにあるようで急ぎだったらネットより店舗型の方が着金までが早いはずです。 また、15時以降や土日祭日でネットバンクの口座を開設してない場合は来店してキャッシュを手渡しでもらえる利点があります。 優良店か否かの区別で重要なのはクレジットカードが停止にならないかどうかですが、店舗型のカード現金化の方がリスクが高いので注意が必要です。 総括すると急ぎで1時間で換金したいならネットで、時間に余裕があるなら店舗で良いでしょう。

カード現金化の優良店は還元率が75%以上が基準

どれくらいの金額になるかを段階的に記載してある還元率表ほど嘘で意味のないものはありません。 その数字から決済手数料や宅急便送料とかいって、業者側から強引に数字を下げられるのが普通です。 何故そのようなことが起きるかというと、クレジットカードの種類によっても決済手数料や被るリスクが異なるからです。 優良店と呼ばれるところの還元率の相場としては75%がラインになるかと思われます。 逆に即日でクレジットカード現金化で90%と言われたら、虚偽で怪しいと疑問に感じた方がここでは良いかもしれません。 いくら高くても、どう考えてもマイナスの赤字ではいくら頑張っても営業出来ませんので90%以上は間違いなく現状では残念ながらあり得ないでしょう。

2017年では現金化の業者が淘汰されて優良店しか残ってない

7年ほど前から始まったのがグレーなクレジットカードの現金化ですが、2年前から本格的な警察の介入や税務署の摘発や消費者庁の呼びかけにより、運営店舗数が激減してきてます。 2017年現在では最盛期の1/5くらいになり、過去にこういった種類の悪徳なことをした業者や儲かる副業として片手間に経営していたところは全部が事業撤退を強いられました。 ビジネスとして新規で始めるにも投資リスクが高く、こうした運営のノウハウもないと難しいのが即日の現金化なので今後増えてくる見通しもありません。 そういう新種の業界ですので現在存続している会社は多くが世間では優良店と呼ばれるに相応しい経営をしています。 決済したお金が自分のところに振り込まれない、最初に聞いていた見積もり額と違う、などの後からのトラブルは無いに等しい状態です。 本当の優良店を探している方には、比較する基準としては還元率だけに計算ではなるのではないでしょうか。

現金化の優良店ほど対応がスピーディーで早い理由

クレジットカード現金化の業者では優良店では多い所では1日に50人以上の忙しい対応になることもあります。 露出が少なく人気がないところは1日1人もいなかったということもあり、悪徳な業者ほどスタッフ数も少なく申し込んでも電話がこなかったりと対応が遅いです。 多くの顧客を抱えるところでは、待たせないのも接客の一つで申込から入金までスムーズに対応して1時間くらいで済ますのが相場です。 優良店の現金化ではオペレーターさんが多くいるので待たされることが少ないというのが特徴になります。 申込フォームから入力して2~3時間しても連絡がない場合には別の業者に変えてみた方が良いかもしれません。

電話で判別する優良店のカード現金化の質問3個

1.還元率を最初に質問する

クレジットカード現金化の業者で差別化される最も代表されるものは「還元率」になります。 一番濁して答えたいものですが、ここを直球で聞いてズバリ答えてくれるところはカード現金化の優良店と言って大丈夫です。 注意が必要なのは、90%と答えてカード決済の段階で訂正され75%に引き下げるようなところは途中でキャンセルするようにしましょう。

2.振込までの時間を明言してもらう

身分確認やメールのやりとりで不慣れな業者は時間が掛かり、本来1時間で終わるところが明日になってしまうという最悪なケースもありえます。 最初にきちんと入金までの終了時間を線引きしておいてくれるのがカード現金化の優良店になります。 また優良店ほど土日でもスタッフの数を揃えてますので応対に遅いこともありません。

3.使えないカードの種類を聞く

意外と知られていないのが使えないカードの種類があるということです。 カード現金化に煩いところは監視が煩く決済代行を複数持っていないとならないので、優良店ほど利用できない種類が少なく幅広く対応しています。 また使えるカードが多いということは、利用停止になる恐れが低いことにもなります。

現金化即日【14時までなら当日 土日可】クレジットカード


Tポイントカード換金で即日に現金化する方法


このページの先頭へ