VISAのマークがあるクレジットカードなら現金化可能です

現在クレジットカード現金化の数は海外も含めると非常に多く、クオリティや安全性もピンキリな状態です。 そんな中でほとんどのケースでVISAは使用可能なのですが、中には16桁の番号によって利用できない事があるようです。 基本的な考え方としてはそのような業者は使わないに越したことはありません。 なぜなら、VISAはマスターと同様にシェア率でかなりの割合を占める部分です。 それが使えないとなるとかなり会社としては即日でショッピング枠を現金化するのは信用度が低いと言えるのではないでしょうか。 そのような状況の時は他店を紹介されたりお客様の個人情報を回収しようとしている事がほとんどですので申し込みをするのはリスクが大きいと言えます。 よくある質問で、お客様がVISAと提携しているかどうかはカードにマークがあるかどうかですぐに確認できます。

世界中で使用可能なVISAのクレジットカードで現金化

海外旅行や現地の銀行のATMでお金を引き降ろしたり、土産の買い物をする際にもVISAのクレジットカードは非常に便利です。 基本的に世界共通でクレジットカードが使える環境であれば、このカードが利用できない割合は非常に低いという事ができます。 マスターと一緒に併用すればほとんどのパターンに対応する事ができますが、それでも不安な時には権威あるアメリカンエクスプレスなどがあれば良いでしょう。 しかし使用目的にもよりますがあまり別けて支払いを行うのは得策とは簡単には言えません。 場合によっては引き落としができずに延滞料金などをペナルティーと共に取られてしまったり、これは返済を忘れていつのまにか金融事故となってしまっていることも良くあります。 新たに新規作成する時にも海外旅行の一般的なケースはVISAとマスターのクレジットカードがあれば大丈夫です。 三井住友銀行の場合には両方を同時に作成可能ですし、こうして一つの厳しい審査に通れば片方だけ作れない等という話を耳にすることはあまりありません。 また日本での即日の現金化にも現時点ではサポートされ上手く土日でも対応しています。

VISAでもクレジットカード現金化は規約違反になります

クレジットカードは新規で発行したときの同意書の中で最初から換金目的に使用することが書面で禁止されています。 三井住友のVISAカードの公式ページでも現金化は厳禁ですと注意噴気しており、万が一見つかった場合は一括請求で提携解除の恐れもあるということです。 現金化そのものは手数料が高額なら出資法違反の刑事罰に問われることがあるのは業者側の話で、利用した顧客ではありません。 VISAを現金化した場合のリスクとしては、キャッシングとショッピングの一括返済と提携解除までが最悪な想定されるケースです。 本来は規約違反なのですが、不正した顧客がVISAから民亊裁判で訴訟を起こされるような事例は過去にないようです。

VISAのクレジットカードの様々な種類やランク

VISAのクレジットカードには通常のクラシック、ゴールドやプラチナだけでなく上位としてInfiniteという特別なランクも存在します。 これは招待された限定の人しか使用できませんので一般的ではありません。 これらは海外のクレジットカード現金化でも申込が可能です。 個人のお客様でも法人や事業主の社長様でもショッピング枠の上限分を利用する事ができます。 また便利で使用目的も多いデビットカードやプリペイドカードも若い方に常時、人気です。 お子様がインターネットやオンラインやモバイルゲームでお買い物をする際に必要以上に買い過ぎてしまう事や無駄使いを防ぐことが可能です。 デビットカードはその場で口座から引き落としされるので借りるというマイナスの行為をしたくないという、意志を持つお客様にも向いています。 窃盗対策に現金を財布に入れてあまり持ち歩かないで済むことや利用ポイントなどが高くつくなどプラスのメリットも実際に多くあります。 これらはクレジットカード現金化では残念ながら現状では即日に使用はできません。 というよりは、どう考えてもあまりすることに意味がありません。 それを踏まえても業者側から丁重にお断りする場合もあります。

現金化即日【14時までなら当日 土日可】クレジットカード


分割で返済ができるのが現金化即日ですが注意が必要です

VISAでショッピングした際に掛かる手数料


このページの先頭へ