ソフトバンクのスマホによるキャリア決済現金化

クレジットカードを持ってなくても、スマホがあれば数万円を即日で現金化する方法がキャリア決済です。 ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済、ドコモケータイ払い、と各携帯会社で呼び名は違いますが、毎月の電話料金の請求と同時に購入した商品も請求しますよというサービスになります。 例えば2万円の商品を購入したときに基本料と同時に末締めの翌月に請求され一括で支払う方法です。 普通のクレジットカード現金化と違いスマホの決済では、返済が長くても2か月後には全額返さないとならないのがデメリットです。 また、スマホ現金化では、上限金額が10万円と決まっているのでそれ以上の利用は出来なくなっています。 それでも構わない方に説明しますと、最初にキャリア決済でAmazonギフト券をネットで購入します。 キャリア決済が使えるところなので推奨はPINCOMというところです。 購入するのはEメールタイプのAmazonギフト券で、実物ではなくネット上でプレゼントしたりする用のもので、これを買取業者に80%の還元率で買い取ってもらいます。 スマホの現金化はこの手順で行えば1時間もかからずに自分の口座に入金されます。

スマホからアクセスして申込フォームに入力

第一の手順としては、スマホで普通にアクセスします。 現金化即日のホームページは、スマホでもPC用のサイトからの申込を土日でもすることができます。 記入する事項として必須なのは「電話番号(携帯可)」「メールアドレス」「お名前」になります。 どれかでも欠けると、業者様から申込者に緊急時に連絡することが出来なくなる恐れがありますのでご注意ください。 通知する番号は携帯電話でも家や会社等の固定でもどちらでも構いません。 時々知らない登録していない不審な番号の方からの電話に出ない人や迷惑メール対策としてです。 このようにメールアドレスを受信拒否に詳細設定している人がいますが、この時だけは解除し対応できるようにしておきましょう。

電話がくるのでスマホで身分確認の送付をする

二番前の手順としては、申込フォームから送信が終わりましたら、折り返しすスタッフからフリーダイヤルで電話が掛かってきますの待ちます。 時間としては早ければ5分、混雑時でも30分くらいで折り返しの着信があるはずです。 この時に出られないと後回しになってしまい、入金までの時間が急いでも遅れてしまいますので通話できる状態にしておきましょう。 クレジットカード現金化を即日希望の必要書類としては公的な身分証明書のみになっていまして、運転免許証や保険証をスマホで写真を撮影してメールに添付して、指定のアドレスに送る形になります。 ここまでが手続きの手順になり、自分の銀行口座に入金完了を数分程度待つだけになるのです。 こうして見てみればわかりますが、結論は特にデスクトップのパソコンでないとスマホ現金化ができないということはありません。

現金化を利用するのはスマホからのお客様が多い理由

2017年現在では、現金化即日を利用する人のデバイスの割合は、「PC:スマホ=3:7」くらいに数字的にはなるそうです。 理由としては1つには、多重債務でお金に困っている方は自宅にネット環境のパソコンをお金がかかるので持ってないことが多いことが挙げられます。 独立して一人暮らしなどで、わざわざネット接続するのにお金を掛けないで出来るのが持ち運びできるスマホになります。 2つ目の理由としては、同居している口煩い家族にも詳細がばれたくないことが挙げられます。 自宅のパソコンからだとブラウザのクッキーの履歴が残ったりして万が一でも家族に知られたくない人は敬遠することが多いようです。

スマホで現金化する場合の注意点は履歴を消すこと

過去に実際に合った信じ難い被害ですが、仲が悪い知人が勝手にスマホを使用して現金化に詳細を記入して嫌がらせで申込んでしまったことがありました。 申し込みだけなら問題は起きなく決済しないで取り消せますが、個人情報の外部への漏洩になるとその後セールスの電話が掛かってきたりする危険や恐れがあります。 クレジットカード現金化は闇金と異なり法律に遵守して営業してますが、閲覧履歴からスマホを勝手に他人が使用できないように暗証番号でロックを掛けておく注意を普段から心がけるべきでしょう。 悪質ないたずらとして、相手を困らせたく複数の現金化に即日に申込んだ方には心配しないように丁寧に適切に応対したようです。

現金化即日【14時までなら当日 土日可】クレジットカード


新幹線のカード現金化即日は利用停止でなく自動検知

Tポイントカード換金で即日に現金化する方法

このページの先頭へ