現金化の商品が何かは2017年現在では種類が豊富

クレジットカード現金化の業界も警察の取り締まりを避けれるように年々変化していってます。 2010年ころは現金化の商品といえば価値のない玩具のパワーストーンやネックレスを購入してもらって、キャッシュバックとしてお金を振り込んでいました。 このキャッシュバックの方式が法律の観点でリスクがあるというのが主流になってきて、今ではネットの業者は買取方式が多く占めております。 買取方式というのは、お客様が実際にネットで商品をカードで決済して購入して頂いて、それを買取業者に値段を付けてもらって現金化するという流れです。 ここで問題となるのが、商品が何かということですが2017年現在では「Amazonギフト券」か「ブランド品」が多くなっております。 Amazonギフト券の場合はEメールタイプなので自宅にクレジットカード現金化の商品として送ってくることはなく、メールのやりとりで入金まで完結します。 ブランド品の場合は現金化を即日が希望の場合と数日猶予がある人では、商品が自宅に届くかどうかは業者によってことなります。 また、リアル店舗の駅前にある現金化の商品は、実際に体験しましたが「新幹線チケット」になり利用停止の危険性があります。

商品受け取りなしで利用できるクレジットカード現金化

消費者金融と違いJICCの個人信用情報も傷が付かない
家族や友人、異性の恋人などにクレジットカード現金化を隠れて利用していることは詮索されても非常にわかりずらくなっております。 商品の請求はカード会社からになりますし支払いも同様です。 ですから、業者から電話で直接連絡が行くのは申し込み後のご本人様のカードかどうかの確認の時だけになります。 またその際も申し込みフォームで電話の都合の良い時間指定もできるようになっています。 電信扱いの振込完了後は、代金の請求はカード会社からになりますし、支払いも当然そうなります。 現段階ではその際の明細にも商品の購入が取引として記載されますので、この面は安心してください。 自宅に郵送されることで迷惑な人には、現金化即日の商品受け取り無しも選択することで心配が無くなります。 また、一流会社や公務員の方で会社から個人信用情報の提出を求められたり、将来住宅ローンを組む予定がある人は消費者金融を利用すると一発アウトですがCICなどにはわからないのでばれることはありません。

現金化の商品は電話すれば教えてくれる

前述でクレジットカード現金化の商品は何かは店舗ごとで異なると書きましたが、申込をする前に電話確認することで業者に尋ねれば教えて貰うことができます。 ネットでも店舗でも同じですが、どこも取り扱い商品は限定の1種類ではないことがほとんどです。 例えば実際に電話してきいた内容ですが、新○クレジットさんに聞いたら「新幹線のチケット」と「家電製品」の2通りがあると率直に返答頂きました。 その際に新幹線チケットだとカード停止の恐れがあり不安だと話しましたら、受け取る還元率は下がるが家電製品なら安全ですとのことでした。 この新○チケットさんの場合は、現金化即日の商品によって還元率が10%以上違うことになります。 またネットの会社でも、Amazonギフト券とブランド品を両方取り扱っていて、申し込んだお客様の要望に合わせて使い分けることがあるようで、最近は価値の不明なパワーストーンの例は少なくなっています。 これは、クレジットカード発行会社に不正とばれて利用停止にならないよう配慮してのことだそうです。

社会問題になったメルカリのクレジットカード現金化の商品は一万円札

自分でするクレジットカードの現金化の商品で話題になったのがメルカリというスマホアプリで不要因をオークションで販売するサイトで露骨な一万円札そのものでした。 40,000を落札するのに47,300円掛かるという不思議な光景で、これは後日分割払いで対応できるが即日でお金を手に出来ますよという裏技のような行為でした。 計算すると還元率は84.6%なので業者を使うよりは若干お得感があります。 露骨すぎるので少し手を加えたのが、右の写真で一万円札や五千円札で巧妙に折り紙にして現金化の商品としていたという苦肉の策です。 結局は社会問題になったことで運営会社のメルカリは紙幣や金券の出品は駄目になりましたが、オークション会社は多数あるので完全に禁止するのは難しいので探せばどこかにはあるのでしょう。

自分で現金化をする場合の商品は何が良いか

自分でクレジットカード現金化をするメリットは還元率が高いということで、業者のメリットは即日の入金でスピーディーであるという点です。 つまりは自分でやると時間が掛かる傾向にあり、特に還元率に拘れば拘るほど運の要素にもなり、いつお金を手にできるか分からないこともあります。 例えば自分でAmazonギフト券をクレジットカードで購入して、オークションに出品して90%で落札基準に設定したとします。 果たしていつお金になるか運次第になってしまうのです。 現金化の商品で自分で行う際にメジャーなのがJCBギフト券、VJAギフトカードなのですが業者を使うのと時間と手間と交通費を考えると微妙なところです。

現金化即日【14時までなら当日 土日可】クレジットカード


分割で返済ができるのが現金化即日ですが注意が必要です

Tポイントカード換金で即日に現金化する方法


このページの先頭へ