提携解除と利用停止と自動検知のクレジットカードの仕組みについて

クレジットカード現金化で即日に利用停止になったという体験談を聞きますが、利用停止は提携解除ではないです。 仕組みとして、カードには自動検知機能があり、利用者の過去の履歴や属性からコンピューターで考えて相応しくない買物はハッキングの恐れがある為に一時的にストップします。 第三者による悪意あるハッキングの場合は、カード会社が基本的には全額補てんしないとならないので、データベースと人力によって監視されています。

自動検知で引っかかる要素としては、金額、場所、内容などです。 内容としいうのはハッキングに使われやすい換金しやすい商品が対象になりますので、クレジットカード現金化で新幹線の回数券の切符が好ましくないというのはこの点です。 上記の2番目のカード会社からの電話確認は「自分で買い物をしたか」「見知らぬ人が利用したか」を口頭で聞かれます。 ここで自分で買物をしたことを告げれば問題なく利用停止は復活して通常通りに使用することができます。 クレジットカード現金化の利用停止は新幹線チケットの回数券などでは一時的には有り得ますが、一方的に契約を解除された体験談は聞いたことがないです。

クレジットカード現金化の業者を通さない新幹線チケットは利用停止になる確率が高い

一言でクレジットカード現金化といっても大きく分類して「個人でやる」「第三者の会社に依頼する」の2通りのものがあります。 一般的には後者の依頼することが多いですが、中には手数料が掛かることを理由にご自身の個人でやる方もいらっしゃいます。 具体的には新幹線などの回数券や切符をJRでクレジットカードで購入して、近所の金券ショップで買い取ってもらう方法です。 これだとクレジットカード会社に現金化が即日でばれて、違反として通達なく突然の利用停止になる恐れがあります。 わざわざ決済手数料を払ってでも知識の高い専門家にお願いするメリットは、このような危険やリスク回避という点にあります。

JCBカード 現金化の禁止項目(PDFファイル)

なぜ業者にクレジットカード現金化をお願いすると大丈夫なのか

専門業者の場合は、取扱い数や過去の個人の運用歴や横の繋がりの情報で、どの判断ラインでカード会社から利用停止になるかを経験と勘で最新情報を把握しています。 ブランドの各社によって厳しさが異なるので膨大な情報が必要で且つ随時仕入れないとなりません。 カード現金化により自動検知で利用停止になる恐れがある要素としては「決済額の大小」「明細品目名」などが挙げられます。 明細品目の欄には、カード現金化の業者の場合はブランド品やアクセサリーのショップ名が出てきますので、この部分で怪しまれる心配も少なく、これで即日に利用停止になる確率的には可能性が少なくなります。 注意点としてこの部分でも個人で全工程を行うとJRの切符や新幹線の回数券であると換金性が高いものが不正としてばれてしまいます。 決済額(還元率)については次の部分で出来る限り解りやすく現状とポイントを細部まで丁寧に説明します。

駅前にあるリアル店舗の業者は新幹線の回数券を買わされる

上野や新橋や横浜にある「カードでお金」の看板の店舗でクレジットカード現金化をすると、6枚綴りの新幹線の回数券を駅に歩いて行って買わされてそれを自社が買い取る仕組みのようです。 だから、店舗は新幹線が停車する乗降客数の多い駅の前が比率では多いのでしょうか。 このような換金性や率が高いチケットでは怪しく思われて利用停止になる恐れが、ネットの業者を使ったときに比べて止まる可能性が高いです。 新幹線の回数券は6枚1セットで10万円超になり、金券ショップでも90%くらいで買い取って貰えますが、頻繁に現金化即日すると規約違反がばれますので注意が必要です。

高額のカード現金化は利用停止の恐れがあるので分割にする

【新幹線チケットをカードで買う動画】

例えば100万円を一発で当日にクレジットカード現金化しようとしても、2017年現在では自動検知に引っかかるリスクがあるので特に土日はどこも一発では受け付けてはないと思います。 個人のお客様が違反で利用停止にならないように配慮する為で、何回かに自由自在に分割することが多いです。 長期分割することで即日に100万円が一括で入金されないという類の不自由さがでますが致し方ないことなのです。 クレジットカードの会社によっても微妙な金額の線引きは異なりますが、これは20万円までなら大丈夫だと言われてはいます。 比較的に目視によるチェックが緩いのは「VISA」「マスター」が提携している法人ではなく個人名義のカードです。 駅前に店舗を構えたところでは、みどりの窓口に行って新幹線の回数券をクレジットカードで買わせ、クレジットカード現金化で利用停止になっても責任を取らない酷い方法が多いです。 もし何種類かのものをお持ちでしたら利用停止になりにくい甘いものを優先で選んで吟味チョイスし使用することが一般的には大事です。

カード現金化がばれて利用停止になっても他のクレジットカードに影響しない理由

間違って怪しい現金の業者に即日でお願いしたら数日後に連絡もなしにカードが使えなくなったというケースはあり得ます。 更に不安なのは新幹線回数券の現金化から「芋づる式」で自分名義の他のクレジットカードも連動して利用停止にならないかということです。 カード現金化でばれて利用停止になって全部が一瞬で駄目になる、下手したらETCカードまでも使えなくなるのではないかと怯えている人もいますが、それはあり得ません。 理由としては、カードが停止になるのに3ヵ月以上延滞だったらCICに「異動」というマークが付きます。 異動が付くと新規に借入やクレジットカードの作成は5年間は不可能になってしまいます。 カード現金化の利用停止は「異動」ではなく自動検知による一時停止なので、CICに記載されることはないので、既存で保持しているカードに影響して止まる可能性はありません。 ただし同一グループのカードの場合は有効期限が来て更新の際に拒否される可能性はあります。


現金化即日【14時までなら当日 土日可】クレジットカード

このページの先頭へ