失敗しやすいクレジットカードはどこの会社のものですか?

VISAかMASTERが付いていればほぼ利用可能です

お客様がお持ちのクレジットカードはVISAかMASTERのマークが表面に記載されていますか? ほとんどの場合、この二社いずれかと提携していますので、カードにロゴマークが表面にあります。 それ以外にもJCB、ORICO、OMC、LIFE、SAISONなどの種類でも利用することができます。 アメリカンエクスプレスやデビットカードですと監視が厳しく現金化が即日にできなく失敗することがありますので注意してください。 最近では、銀行のカードに最初からクレジット機能が付いている場合がありますが、それでもお客様名義でありショッピング枠に残高があれば可能です。 どれくらいショッピング枠に残高の余裕があるかはわからないという方はカードの裏面にお問い合わせの番号が記載されていますので問い合わせてみましょう。 お客様によっては買い物を多くされた月は残高が不足してしまっている可能性がありますので、これは予め確認をしておきましょう。 その際に換金目的で高額なショッピングすることを伝えてしまうと、クレジットカード現金化で利用停止や契約解除となってしまうこともありますので注意しましょう。 新幹線や飛行機のチケットを連続して購入したりすると残された履歴のデータや明細から怪しまれることもあるようです。

クレジットカードの種類によって現金化の還元率が上下することがあります

最終的なキャッシュバック率の数字をしっかりと確認

お客様が利用するクレジットカード会社によってキャッシュバック率・還元率は変化します。 これはどこの業者のページにも記載されていることはありませんが事実です。 上記したVISAかMASTERは比較的、通常通り利用できることが多いです。(デビットカードは現金化できないで失敗になります) それ以外の場合は多少変化がありますので、自分は最終的に何パーセントの還元率で土日でも即日中にクレジットカードの現金化をすることになるのかを確認しましょう。 中には不正なことをするグループ業者も少なからずあることが確認されています。 その場合50%~60%、ひどいところではそれ以下という恐ろしい搾取の数字になってクレジットカード現金化で失敗になります。 一般的にデビットカード以外なら70%以上~80%くらいが一般的な平均の数値になるのではないでしょうか。 現状で実施されている特別なキャンペーンなどをうまく随時利用してキャッシュバック率をあげてお得に気軽に利用することもできます。

使っていないクレジットカードは解約してしまう

キャッシングが含まれていると総量規制の対象に
お客様の中には何種類ものクレジットカードを持っている一般庶民より裕福でリッチな方もいらっしゃいます。 実際に利用していなくても持っているだけでキャッシングの分が総量規制の対象になってしまうので、使っていなければ自己申告で解約してしまったほうがいいでしょう。 また固定費の年会費や手数料などを考えるとなるべく少なく絞ったほうがいいのかもしれません。 最近では都市銀行のカードにもクレジット機能が自動で付随してくることがあります。 この場合でもクレジットカード現金化を初めて利用することは即日で可能です。 また先払いのプリペイドのデビットカード(即時にその場で口座から引き落とされるタイプ)でも同様に使えます。 結果としてはその場で支払うことより、ひと月遅れて支払いができるくらいであまりメリットは見えてきません。

auウォレットカードで失敗するパターン

auウォレットカードを持っている方で、失敗しないで即日に現金化できるかどうかを気にしている方が多いです。 auウォレットカードでもポイントが蓄積されたりしたものをお金に交換することはできますが、現金化では最低額が2万円以上と基準があることろが多いです。 数千円しかない場合は現金化に失敗してしまい、受け付けてくれないことがほとんどです。 この最低金額は業者によって異なりますが、1万円未満でも対応してくれるところは未だに聞いたことはないです。 そのような残額が少ないときは、自分でアマゾンギフトを数千円分購入してネットで売ることで業者を通さない方法しか失敗しない現金化の方法はありません。 数千円のアマゾンギフト券を取り扱っているかどうかも探してみないとならないので、クレジットカードの残額が少ない場合には難しい状況になります。

家族や兄弟のクレジットカードは現金化は失敗になる

基本的には本人以外は違法行為になります
家族でお買い物やレストランに食事に出かけた際にお父さんのクレジットカードでお母さんが支払いをするという行為はよく目にするものですが実はクレジットカード現金化を他人が即日でするのは違反で失敗です。 またデビットカードの場合は現金化するのが無意味になるので業者は申込を受けてくれません。 裏面に自分の名前を記入した本人以外は本来ならば使用してはいけないのです。 最近ではインターネットなどで通販をした際に、毎回公式ページからログアウトをしっかりする習慣を付けなければ次に同じページを開いた時もログインされたままになってしまっている事があります。 漫画喫茶などで入力をした際やスマートフォンなどでの購入の履歴はしっかりと徹底して削除しておかなければ不正に使われてしまうこともあります。 パソコンによっては3ケタのパスワードがキャッシュに自動的に保存されてしまう設定になっていることもあります。 考えられる範囲のオプションで解除してから使うようにしましょう。 むしろ自宅以外ではあまり入力はしないに越したことはないと言えるのではないでしょうか。 仕方のない事ですがこれは夫婦であっても親子や兄弟であっても変わりはなく駄目ですので、ましてや友人や恋人などはもってのほかです。 いくら暗証番号を知っているからと言って本人に無断で買い物をしたりデビットカードなどで現金化してはいけなく失敗します。 近年では暗証番号やサインの確認が疎かになっている所がたくさんあります。 特にアルバイトやパートの店員の場合、いくら高額の種類の商品でもしっかりと数字をチェックをしている所は少ないと言えるでしょう。 ですから万が一の盗難や紛失の際にも予想しやすい、身分証明から推測しやすい数字に設定していると予期せぬ事態に発展してしまう事もあります。 また登録したサインを裏面にしっかりしていない時には本来は買い物もできないのですが、その点においてもルーズになっていることが問題です。 趣味で一週間以上の海外旅行に行く際にはリスクの回避のために使用する文字を漢字にしておくこともあります。 効果は少ないかもしれませんが違法に使用されることを防ぎます。 さらに面倒で手間は掛かるかもしれませんが、全てで一緒のパスワードを使用しない事も現金化では大切な事です。 これだけ第三社や他人への情報漏洩がテレビや雑誌などのメディアで話題になっている中、実際にこれを行えている割合は非常に低いという事ができるでしょう。

現金化即日【14時までなら当日 土日可】クレジットカード


VISA現金化即日で提携カードは全て利用できます

Tポイントカード換金で即日に現金化する方法


このページの先頭へ