現金化を利用した際の支払いは分割も選択できます

現金化を利用して一時的に即日でお金を用立てたいが、果たして支払いはいつになるかが気になります。 通常は多くの人が分割で払っていくのを選択してます。 せっかくクレジットカード現金化で手数料を搾取されたのに翌月に返さないとならいのでは借入れした意味がないので、12回~36回で月々返済する方法を皆さんが選んでます。 例えば、一度に50万円をショッピング枠で使った場合で12回なら、月々5万円弱をクレジットカード会社にお返ししていけば良いことになるので、当面の苦しさからは回避できます。 通常のカードですと「分割・リボ」が最初の契約で事前に設定してあります。 しかし、稀にデフォルトで一括のみがありますので注意が必要で、ご心配な人は電話で状況を確認することができるので聞いてみるのが間違い無いと思います。

分割で返済する方法は現金化した後でご自身で設定して頂きます

自動的に分割で明細として計上されるのではなく、即日の現金化が完了した数日後にお客様ご自身で設定して頂く必要があります。 クレジットカード会社に電話で連絡して、その商品について「○○回」に分けての返済をお願いしますと伝えるだけですので簡単です。 電話が面倒な方は、インターネットのWEB専用ページからIDでログインして商品ごとの分割をクリックで指定することが出来ます。 電話・WEBのどちらにしても速やかに対応しないと時間が経過して一括になってしまいますので数日中には変更するようにしてください。 最大で何回までが選択できるかは下記の項目で記述してますので、上手くこのように積極的にデータを見つけて参考にしてください。

分割が何回までかは契約しているクレジットカード会社との内容に準じます

可能な分割の回数については、クレジットカード現金化の業者で異なるわけでなく、お客様がお持ちのクレジットカードの会社との現状の契約内容がどうなっているかに準じます。 一般的には伸ばせるのは12~36回の範囲なのですが、最初の契約時に決められた数字が不明な方は予め受付に電話して確認をしておくことで、今後の返済計画が確かなものになります。 その際に必ず注意しておくことは「休みの土日に現金化したいのですが」とクレジットカード会社のオペレーターの社員に確実に言ってはならないことです。 これを間違って言ってしまうと最悪な場合は、お客様の契約状態が一方的に即日で解除されてカードが使えなくなる可能性が少なからずある為です。 もう1つ絶対に注意する点は、リボと分割では内容が大きく差があり異なりますので払うべき余分な利子が変わってきますので注意が必要になります。 こうした過去の統計データ的にはリボの噂は体験談として、漏らすのはあまり良くないので控えた方が現状では得策です。

クレジットカード現金化の分割返済は二重に利息の負担が掛かる

即日でお金を手にできるのがクレジットカード現金化ですが、見えないデメリットは二重に手数料と利息が毎月搾取されることです。 分割返済やリボでなく一括なら二重にはなりませんが、クレジットカード現金化を利用するのに翌月に元金を全額支払える余裕のある人はいません。 二重の意味は、10万円を例え話にすると、最初に業者に20%の2万円を支払います。 10万円を12回の分割返済にすると、年利で14.5%なので完済までに約7250円の利息が掛かります。 10万円で8万円手にするクレジットカード現金化で支払う手数料と利息の合計は27250円になり二重の負担になるという意味です。 この数字だと2000年以前の消費者金融のころのようで自己破産最盛期の利息に近く、何も考えずに気軽に利用してしまうと膨大な金利と手数料になるので注意が必要です。 感覚的には合計で30%くらいが搾取される、それでも即日で現金化したい方のみが利用してみましょう。

現金化即日【14時までなら当日 土日可】クレジットカード


パートナーギフト

このページの先頭へ